正月ならではの花の意味と贈り物にしたい正月アレンジメントは?

正月の花と贈り物

ハロウィンが終わりクリスマスの準備にもかかわらず、お店の中を見れば正月の準備もそろそろと出していますよね。

でも、お正月の飾りやお花はいつ頃出せばいいのか、また、正月のお花を飾るにも縁起を担いでいる事もご存知でしょうか。
帰省などでお花の贈り物をする際にもおすすめな商品もあわせてお紹介させていただきます。

スポンサーリンク

正月飾りは何故28日までに飾るの?

スポンサーリンク

昔の正月は、【正月事初め】と言われる12月13日から正月飾りの準備を始めていました。

今と違い、昔は山に入り門松に使う松や竹など取りに行く準備に12月13に頃から始めたようです。

また、師走の時期ですから大掃除や新年の準備などの合間を見ながら、しめ縄や門松などを作り遅くても、12月28日までに飾るようしていました。

疑問
何故28日までに飾るの?

29日から31日は縁起が良くないと言う事で、遅くても28日までに飾るようにしていました。

焦り・不安
29日から31日を避ける理由は?

・29日:【二重苦】ㇳにつながり、特に9のつく事は【苦しむ】と意味になるので良くない。

・30日:旧暦で【大晦日】にあたりますので、これも良くありません。

・31日:飾るにも一夜になるので縁起が悪い。年神様を迎えるにも失礼にあたります。

昔の方は、伝統を守りつつ縁起担ぎをしていたと思われます。

ただ、昨今はクリスマス飾りもありますので、正月飾りも早く飾るとクリスマスの飾りと一緒になるので、早くに飾る事はしませんね。
正月飾りを飾るならクリスマスが終わった頃に飾るのが、一般的になっていますね。

正月に飾る花もやはり縁起を担いでいますので、しめ縄や正月飾りと一緒に飾りたいと思いませんか。

なので、正月のお花28日までに生ける様にしましょう。

正月ならではの縁起の良い花と意味は?

スポンサーリンク

さて、正月の花にも縁起の良い花があります。
お店に行けば目に付くと思いますが、どんな花があって、またそれぞれの意味についてはご存知でしょうか。

お正月に飾る花は、【松、竹、梅】と【菊に蘭】になります。

基本はやはり【松、竹、梅】で正月の花ですね。

松があるだけでも、正月に飾る花と言われるほどのおめでたいお正月の花材です。
何故、松が正月にふさわしいかと言うとそれは、一年を通しても葉が落ちない常緑樹と言う事で、永遠の命、繁栄の意味が現わしているのです。
また、松の枝は神の依代にされている事も関係がありますし、それは、地方によって解釈が違いますので、一概とは言えません。
なので、正月を迎えるに松がないと正月らしさも半減しますね。

梅の花は、初春を告げる花として縁起物にされています。梅の花が咲くのは2月頃ですので、その時は梅の花を見て「春が来た」と思いながら春を待つの風情ですね。

菊は、中国から「不老長寿の妙薬」と伝わり、縁起の良い花とされています。

蘭の花は、全体的に華やかさと高級な感じなので、正月やハレの花としてよく使われています。

ただ、梅の花が入らない時は、菊か蘭の花を飾りましょう。

但し、菊を飾る時は一点だけ気を付けて下さい。

ポイント菊の種類でお供え用菊の花があります。
「輪菊」と「小菊」です。
これらの花は、お供えに使われている花ですので、お正月の花としては相応しくありませんので、気を付けて下さい。

南天・千両

南天は「難を転じて福となす」と意味合いで縁起が良く、千両は「景気が良い」と意味でお祝いに使われている花ですね。こちらの花もお正月の花としては、欠かせない花になります。

葉ボタン

葉ボタンの種類に赤や白の葉ボタンは、縁起がいいと言われています。

椿

椿は常緑樹で葉が艶のある照り葉が繁栄をもたらす事で、おめでたい縁起のものとして、使われている花です。

水仙

2月の寒い時期に、綺麗な花を咲かせ周りを和ませてくれます。

薔薇

バラの花は、見た目が華やかさです。また、「長寿の花」とも呼ばれています。
そして、花が咲いてる時期も長いので、お祝いの花になります。

竹の特徴は、只ひたすら真っ直ぐに伸びる事と繁殖力も強い事から、「命と繁栄」の象徴になります。

正月の花としてはよく使われていますが、その中でも塗り柳は、中国の故事にちなんで「無事を祈る」と伝えられています。徳に、金や銀に着色されている花枝です。

お正月の花選びの参考にしてくださいね。

では、いつまで飾るのでしょうか?

お正月の花や飾りはいつまで飾る?

正月の飾り

一般的には1月7日までが【松の内】と呼ばれています。
なので、【松の内】の期間までは飾るものとされているのです。

しかし、

地方によっては【松の内】が1月10日までの場合もあれば、1月15日の【小正月】まで飾る地域がありますので、それはその地域の風習に合わせる事も大切

です。

地域によっては、1月15日の【小正月】にどんどん焼き(三九郎)で焼きますが、その時に、お餅などを家から持ってきて焼きます。

これもまた意味があり、

一年間、無病息災で過ごしましょう

と言う意味で行われるのです。

但し、この行事も地域によって行われていないとこもあります。

また、神社に持ち寄って納める事も出来ますので、むやみやたらと焼かないようにしましょう。

お正月の花を花卉に飾るコツは?

お正月の生け花

さて、お正月の花の意味も理解できたと思いますので、今度は、正月らしい花卉を探し飾ってみる楽しみがありますね。

自分で正月花を生けてみるのはいかがでしょうか。
アレンジなど楽しんで飾るのが一番です。

自分で飾りつけするならやはり、見栄えです。

正面から見て綺麗に飾っているだけでも、見た目が違います。

そこで、お正月の生け花を飾るコツですが、

ポイント・花の顔を見える様に剣山に刺す時は、斜めに生けてみましょう

・花の高さが同じように並ばせない事。奥行つける感じにしてみましょう。

・生花の下の部分を万両や千両にするだけでも、華やかさが出て来ます。

・柳類を使い曲げて動きのある感じにしてみましょう。

・松が倒れないようにしっかりと立てる事。松が倒れると縁起が良くありません。

後は、松脂が付くので濡れぞうきんを用意しておくと良いですよ。

このお正月には自分で花飾りをしてみませんか。

お正月の花材の相場は?

ただ、花代の値段はいくらくらいがいいのか悩みますね。そこで、調べてみました。

さて、お正月の花代の最低金額は、

1000円

になります。
それ以下と言うと、値引きされた値段になります。

お正月用の切り花の種類にもよりますが、実は、1000円前後の花は、華やかさにはチョットかけてしまいます。

疑問
お正月の花材の値段はどのくらい?

オススメなのは、2000円から3000円前後が手頃ではないかと思います。

もし、1000円の切り花を購入しても華やかさがないと言う事で他の花を追加すれば、最終的に3000円位はかかることが多いでしょう。

お正月の切り花を購入する際には、単品で購入するよりもセットで買うと割安になっていることが多いので、そちらをおススメします。

お正月にプリザーブドフラワーはOK?

最近では、プリザーブフラワーのお正月飾りもあります。

プリザーブフラワーは、花の管理はやる必要が無いので、気軽に飾れるて置けるので場所は取りません。

しかしながら、

【縁起が良くない】
【年神様を迎える花ではない】

と思われる方々も多いということも、一応お忘れにならないで下さい。

手入れ面倒な部分もありますが、お正月を迎えるにはやはり、生花が一番と思います。
お値段も張りますが、お正月は一年の事初めです。
華やかに迎えたいですよね。

手間がかかるのはちょっという方、気を悪くされる方がいらっしゃらない場合には、プリザーブフラワーはおススメです。

お正月らしい生花やアレンジを贈る

お正月らしい生花やアレンジを、帰省する際に贈ってみては、いかがでしょうか。
喜ばれると思いますよ。

また、しめ縄や松飾も時には、雰囲気を変えてみませんか。
手を加えて華やかさが出て変わった感じの飾りつけになりますがこれもまた、乙な感じになり長く楽しめていいと思いますよ。

そこで、幾つかピックアップしましたので参考にしてください。




販売店:プリザーブドフラワー専門店 サンクスブーケ



昔に比べると、正月飾りをする家が少なくってきました。

その中でも、やはり正月には花飾りだけでも飾りたいと思いますね。
自己流でも花屋さんでお任せでも構いませんが、飾ってみてはいかがでしょうか。

今は、しめ縄や松飾でも華やかさがありますね。定番の松、竹、梅だけではなく菊に蘭、バラと華やかさが際立っています。
自分で飾るにも、参考になる飾り方をしているので参考してはいかがでしょうか。

華やかに飾られたお正月のお花や正月飾りを見ていると、きっとこの一年、素敵な年になる予感がすることでしょう。