花粉症の【目薬】効くと評判の市販で買えるおすすめランキング

花粉症の目薬

花粉症に効くと評判の目薬は安全?生活習慣で気をつけること。

花粉症で目のかゆみが我慢できない人【必見】のオススメ目薬があります。

つらい花粉症の季節に、たまらない目のかゆみを軽減する目薬ですが、かゆみのタイプ別に目薬を選ぶことが大切です。

常にランキング上位の市販の目薬の特徴を詳しくお届けするとともに、


知っておいてほしいこと

  • 心配な防腐剤などが入っていない目薬について

  • 普段の生活習慣から気をつけること

をまとめました。

スポンサーリンク

目薬は花粉症が来る前に準備しよう

スポンサーリンク

毎年花粉症の季節に辛い目のかゆみがある人は、天気予報で花粉情報が話題になる前に花粉用目薬を準備しておきましょう。

去年の使い古しが有るから買わなくて良いと思っている方、それは大間違いですよ~。

目薬には使用期限があり、一般的に開封後1ヵ月となっています。

意外に早い!

その理由は、

目薬は開封した直後から中身の水分が蒸発していきます。

その為、薬の濃度が濃くなり、使用すると危険な場合もあるからです。

目のかゆみの予防は早目に始める方が、より効き目がありますので早目の購入をオススメします。

【追記】防腐剤フリーの花粉症用の目薬

私は食品でも化粧品でも防腐剤が多く含まれているものに対して抵抗があるので、できれば花粉症の目薬も防腐剤無添加なものを探していました。

ランキングの上位には見かけませんが、ちゃんと探せばあるんですよね♪


防腐剤フリー処方

アイリスAGユニット

販売店:くすりのヨシハシ


防腐剤フリー処方の上に、ユニット式で1回使い切りタイプなので、常に新鮮で安心に目薬を使えます。

花粉症の対策として使う目薬は、使う量がどうしても多くなるので、防腐剤などが入っていないものが目に優しく安心ですよね。

市販で売っている花粉症に効く目薬ランキング

ランキングの上位に常に紹介されている目薬です。

人によって合う合わないがありますので、目薬も化粧品のように試供品サンプルがあれば良いなぁ~、なんて思いつつ^^;

一般的に売れている目薬なら、みんなに選ばれているということなのでピックアップしていきますね。

ただし、防腐剤などの添加物を気にされる方は、上記でご紹介した防腐剤フリー処方が安心かもしれません。

ランキング1位
第1位 「ロート アルガード クリアブロックZ

一般に目薬には配合されていない、プラノプロフェン抗炎成分が入っており効果は抜群です。
しっかりかゆみを抑えてくれますが沁みないのが特徴です。


よく効く高濃度処方の目薬

アルガード史上、最強の処方設計が売れている理由です。

全有効成分(抗アレルギー成分・抗ヒスタミン成分・抗炎症成分)最大濃度配合なので、これまで使用していた目薬では効果が得られなかった方におすすめされています。


ランキング2位
第2位 「ロート アルガードプレテクト

この目薬は、医療用の点眼薬と同濃度の配合で、早めに使用始めれば症状をしっかり抑えてくれます。
是非飛散前から使用することをオススメします。


早期使用開始で効果発揮の目薬

注文後にお店の薬剤師からメールで内容確認の連絡があるので、自分が選んだ目薬でOKなのか判断してもらえる安心感があります。

薬剤師の判断でこの目薬は合わないとなった場合は、キャンセル対応してもらえます。


ランキング3位
第3位 「武田薬品 マイティアアルピタットEXα

アレルギー症状が起こるメカニズムに着目し、抗アレルギー成分、抗ヒスタミン成分、抗炎症成分、角膜保護成分の4つの有効成分を配合した、ガマンできない目のかゆみに効くアレルギー専用目薬です。


効果実感レビューの多かった目薬

こちらのお店では、【今日ダス】平日11:00までのご注文は即日出荷!対応をしてくれるのが嬉しいです。

送料無料なので、薬局に買いに行って探す手間もなく自宅で届くのを待っていられます。^^

市販の目薬で効果がない場合は眼科受診を

どの目薬を選ぶのかは、それぞれタイプが違い悩みますが、とにかく使用してみることで自分に合った目薬を選ぶようにしましょう。

目がかゆいからと、あまり頻繁に目薬を挿すのは良くありません。

出来れば時間を空けて使用するほうが効果的です。

また市販の目薬で効果が見られない場合や、妊娠中の方は、病院の眼科などで相談することをオススメします。

【花粉症の原因と対策】目のかゆみを抑える必勝法

スポンサーリンク

目のかゆみには、一番目薬が効き目が有り即効性もありますが、目のかゆみが始まる前に、防御をするところから始めてみましょう。

なぜ花粉が飛散し始めると目のかゆみが起こるの?

花粉が目につくことで、その花粉を取り除こうとする免疫反応が起こるからです。

目のかゆみの他に、目の充血や、目の腫れなどの症状もでることが有ります。

花粉症の症状が出て一番不快な目の影響を少なくしようと思うと、やはり早め早めに目を防御することが大切です。


花粉症用の眼鏡

花粉症の時期に出かけるときには眼鏡を着用することが、目に付着する花粉を少しでも防ぐのに効果的です。

日頃コンタクトを使用している人も花粉症の時期はメガネに変えるなども効果的ですね。

コンタクトをした上で伊達メガネを掛けるなどのお洒落を併用するのも良いかもしれません。


【おしゃれな 花粉メガネ】伊達メガネ風・花粉対策


楽天ランキング第1位【眼鏡部門】

あす楽
口コミレビュー 220件

ちなみに、コンタクトレンズは使い捨てのものを使用するか、もしくは毎日綺麗に洗浄することが必要です。



帰宅したら洗顔も

こまめに洗顔をする。

外出先から帰宅したら、手洗いうがいは勿論ですが洗顔も済ませてしまうと良いでしょう。

日中はメークをしていて洗顔するのはむずかしい場合は、目の周りだけを濡らしたタオルやガーゼなどでそっと拭き取るだけでも。

できるだけ花粉が付着したままにならないようにしましょうね。



ヘアスタイルを工夫する

女性の場合、ロングヘアーの場合は髪を束ねる、前髪は目に掛からないようにしておくことで目につく花粉を軽減できます。

花粉を防ごうと前髪を長くしたままにすると、髪の毛についた花粉が目に入りますので要注意です。

花粉対策は、普段の生活習慣の中で少しづつ意識することで、最終的には目薬やアレルギー薬にできるだけ頼らなくてもよくなれば嬉しいですよね。

花粉症ではない場合の目のかゆみ

 
花粉症の季節に目のかゆみがあれば、これは花粉が原因と思いがちですが、意外と別の理由がある場合もあります。

たとえば、目のかゆみの他に鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状が出ないなど。

目のかゆみが片方だけの場合、花粉症ではなくダニやハウスダストが原因のアレルギー症状の場合も有りますので、判断を間違えない様にすることも大切です。

合わせて読まれています。