花粉症からくる頭痛の原因と薬に頼らない改善の方法まとめ

花粉症と頭痛

花粉症の頭痛に薬を飲んでもよい?微熱や鼻水など風邪と見分けるには

花粉症には鼻水や鼻づまりに目の痒みなどの症状が思いつきますが、他にも、

  • 頭痛がする
  • 体がだるい
  • 肩こりが辛い

といった症状も出やすく、花粉症か別の病気か判断がつかず困っている方も多いようです。

また、花粉症の症状と風邪が似ていることもあり、風邪薬を飲んでしまうことも…(←効きません^^;)

今回は、最も辛くて悩まされる花粉症からくる頭痛について症状と改善策をまとめました。

スポンサーリンク

花粉症で頭痛がする原因は?

スポンサーリンク

花粉症からくる鼻水や鼻づまり、目の痒み一次症状ですが、頭痛や肩こり、倦怠感二次症状ともいわれています。

つまり、花粉の量が多いと鼻の粘膜がアレルギー反応を起こし鼻の中は腫れてしまいます。となると、空気を取り入れるとき鼻の中は道が狭くなり酸素を取り込む量が少なくなりますね。

つまり、酸素を取り込む量が少ないと、

焦り・不安
鼻の中が腫れた事で神経が圧迫された結果、頭痛が起きる

ということになります。

風邪と間違えやすい鼻水も頭痛の原因に

スポンサーリンク

花粉症になると、鼻呼吸がしづらくなり口呼吸になりますね。

それも厄介なのですが、なによりも困るのは、

焦り・不安
夜の寝つきも悪くなり、口の中が乾燥することで質の良い睡眠がとれず睡眠不足になる結果、頭痛が起きる

ということになります。

鼻水は油断していると、副鼻腔炎滲出性中耳炎などを引き起こすこともあるので要注意です。

鼻の症状が深刻になるほど長期の不快な症状が長引いていき、

  • 首のこり
  • 肩こり

になり頭痛に繋がりやすくなります。

普段から肩こりが酷く頭が重く時には痛みがあるという方。

check花粉症だけではなく、鼻風邪で鼻詰まりで息苦しく頭がボーとしている時は、脳への酸素供給が十分に行き届いてないと思って気を付けてください。

花粉症の症状は風邪と似ているので厄介ですよね。

去年まで花粉症ではなくても今年からデビューすることもありますので、この時期は自己判断で風邪薬を飲まずに一度病院で診てもらうことをおすすめ致します。

花粉症の薬以外で改善する方法は?

花粉症で起きる頭痛は、一般的に薬を飲みますが、それでもすぐに改善されるわけではないんですね。

それでは、どのような対処の方法をとれば良いのか、そこが一番のカギでもあり、じっくりと続けていくことが最も重要になります。

まずは薬の処方よりも、今出来ることから対策をしていきましょう。

さて、対処方法ですが基礎代謝を上げることが最も重要です。

  • 睡眠をとる

  • 温かい飲み物をとる

この2つが基本中の基本となります。

まずは睡眠から

鼻水や鼻づまりで息苦しくて寝れず困っていませんか?

睡眠をしっかりとることで体を休ませることが大事なので、快適な睡眠をとるために体を温めましょう。

寝る前に体を温める飲み物と言えば、

  • 生姜湯
  • ホットミルク

など飲むのも効果的です。

また、お風呂にゆっくりと浸かる事で、浴室の蒸気で鼻が通ったり、湯上りに身体がポカポカして眠気がきます。

質の良い睡眠がとれるように工夫してみてくださいね。

食生活改善で免疫力アップ

花粉症が長引くと、免疫力が下がり症状も悪化しますよね。花粉症や、それが原因の頭痛には食生活の改善も大切です。

そこで、避けるべき料理は、

  • 油もの
  • 高カロリー
  • 高たんぱく質

な料理です。

食生活を改善することで、身体の中から良い方向に変わっていきますので、試してみてくださいね。

ポイント
食べ物で改善ができる

花粉症で効果がる食べ物は、ヨーグルトです。
それ以外では…


飲み物では、紅茶

レモンティーがおススメ。

花粉症によってストレスが溜まり、その時にアドレナリンという物質が出ますが、その時に必要な栄養素はビタミンC。
レモンはビタミンCが多く含んでいます。


料理では、ニンニクと豚肉を使った料理

ニンニクにはアリチアミンという栄養素が含んでおり、ビタミンB群の働きを高め、持続させる効果があるんですね。

また、ビタミンB群の多い豚肉と一緒に取ることで、ビタミンB群の吸収を助けて効果も最大限発揮させてくれます。


おやつには、柑橘系

柑橘系と聞けば、ミカンですね。

特にこの時期には最もお店に出回っているから。
柑橘系にはクエン酸が多く含まれており、肩こりの原因でもある疲労物質を分解してくれます。

そこで、辛い花粉症の時期は、ミカンやポンカンといった柑橘系を食べて、症状を少しでも和らげましょう。

他にもレモンや梅干しなど酸っぱい食べ物の中には、クエン酸が含まれているので、疲れた時や花粉症に時期に食べてみてはいかが。

できるだけ花粉症のお薬に頼らない身体にしていきたいので、身体に優しいものを毎日食べるようにしてみてくださいね。

肩凝りやだるさは

花粉症からくる肩こりやだるさ、そして頭痛は、本当につらいですよね。

まずは、肩こりの解消と同時に頭痛からも解消できるのが理想ですね。

肩こりやだるさは自律神経からの乱れも原因の一つです。
対処方法としては、体の血の巡りを良くする事で自律神経が正常になり体もすっきりさせてくれます。

ポイント対処法として、温めたタオルを両肩とうなじにかかるようにタオルを乗せて、首の後ろで手を組みます。
温めた後は肩の痛みも和らぎ楽になります。

気を付けることは、タオルを温める時に火傷に注意です。

花粉症からくる頭痛に悩まされない

花粉症の症状は、鼻水や鼻づまりから始まり、そして目の痒みから肩こりにだるさ、頭痛を引き起こします。
それらは、薬で対処してしまいがちですが、食べ物やマッサージによって多少だけど改善されます。

花粉症の時期に効果がある食べ物や、すぐにでも出来る睡眠から徐々に改善できればと思います。

そして目指すのは、花粉症からくる
頭痛に悩まされなくなる
ことです‼

時間はかかるけど続けてゆくことで不快な症状は緩和されていきますので、ぜひ試してみてくださいね。

合わせて読まれています。