花火大会の詳細【2016年】関西で7月8月開催の人気7選

花火大会・関西・近畿地方2016

今年も暑い夏がやってきますね。
そんな暑い夏の風物詩、花火大会に行きませんか。

関西での花火大会を楽しみにいている方も多いはず。

そこで、関西の花火大会のおススメの花火大会を厳選して7つ紹介します。
夏の熱さを花火で涼しんでくださいね。




関西・近畿地方で開催される花火大会に行こう

関西の花火は迫力はもちろんですが、歴史も大いに関係していますね。

そんな花火大会を家族や友人など出かけて、楽しんで来ませんか。
楽しい思い出を一つ増やしに。

そこで、今回は関西・近畿地方で行う花火大会、オススメ7選です。
毎年8月6日前後や8月15日のお盆あたりに大きなものが開催されます。予定の合う花火大会が見つかるといいですね。

【7月】天神奉納花火(大阪府大阪市)の詳細

1
天神奉納花火(大阪府大阪市)

  • 日時:
    2016年7月25日(月)
  • 開催時間:
    19時30分~20時50分
  • 打ち上げ数:
    約4000発
  • 打ち上げ場所:
    大阪市北区、桜ノ宮グランド、川崎公園(造幣局の横)
  • 人数:
    約130万人

会場へのアクセス

  • 電車:
    JR桜ノ宮駅西口もしくは京阪鉄道天満橋駅・大阪市営地下鉄天満橋駅
  • 車:
    広域に交通規制が引かれます。なので、車での来場は避けてください。
    公共機関を利用してお越しください。

公式ホームページ・関連サイト

花火大会
見どころ・特徴

日本三大祭りの一つでもある天神奉納花火は大阪府で行われています。
ですが、こちらの花火…なんと!1000年以上も続いている伝統のお祭りなのです!!

船渡御の水上パレードに合わせて打ち上がる花火はダイナミックで、夜空を幻想的にしてくれますが、このお丸のフィナーレを飾る花火【天神祭奉納花火】を見ないでいると夏が始まりません。

見応えがある花火ですのでオススメですが、人もとても多いので、浴衣が着崩れした時などにチェックしておかれると良いですよ。

【8月】教祖祭PL花火芸術(大阪府富田林市)の詳細

2
教祖祭PL花火芸術・PL花火大会(大阪府富田林市)

  • 日時:
    2016年8月1日(月)
  • 時間:
    20時00分~20時40分
  • 場所:
    大阪府富田林市羽曳の丘陵のPL聖地
    パーフェクトリバティー教団敷地内
  • 打ち上げ数:
    約13000発
  • 人数:
    約8万人

会場へのアクセス

  • 電車:
    近鉄河内長野線の富田林駅から徒歩15分
  • 車:
    駐車場がありません。なので、車での来場は避けてください。
    一部有料で1日5000円程で停められる簡易駐車場もありますが競争率が激しいです。

公式ホームページ・関連サイト

http://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0727e00387/

花火大会
見どころ・特徴

多彩な花火で世界の人々の平和を祈念して行われるPL教の花火大会です。

一応、信者向けのイベントとなりますが、関西では一般の人達も見に行く有名な花火です。

混雑することでも有名な花火大会です。

暑さに負けない涼しげな可愛い髪型にしてくださいね。

【8月】なにわ淀川花火大会(大阪府大阪市)の詳細

3
なにわ淀川花火大会(大阪府大阪市)

  • 日時:
    2016年8月6日(土)
  • 時間:
    19時40分~20時40分
  • 場所:
    新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川 河川敷
  • 打ち上げ数:
    約25000発
  • 人数:
    約45万人

会場へのアクセス

  • 電車:
    十三会場側:範九十三駅もしくはJR塚本駅から徒歩15分
    梅田会場側:JR大阪笑みから徒歩25分
  • 車:
    駐車場がありません。なので、車での来場は避けてください。
    公共機関を利用してください。

公式ホームページ・関連サイト

http://www.yodohanabi.com/

花火大会
見どころ・特徴

1989年より市民ボランティアから始まった花火大会ですが、今現在では、関西最大級の規模の花火が人気です。

特に打ち上がる花火の数が凄く、関西ではトップクラスの中に入る程。
花火が短時間の中でノンストップで打ちが上がるので、よそ見している暇はないですよ。

ボランティアとしてスタートした歴史を持つだけに、今でも一般の方々からの寄付を歓迎されています。

大会存続のためにぜひ♪

【8月】みなとこうべ海上花火大会(兵庫県神戸市)の詳細

4
みなとこうべ海上花火大会(兵庫県神戸市)

  • 日時:
    2016年8月6日(土)/雨天決行。荒天時は中止
  • 開催時間:
    19時30分~20時30分
  • 打ち上げ場所:
    神戸港(新港突提~メリケンパーク南側会場)
  • 人数:
    約25万人
  • 打ち上げ数:
    約1万発

会場へのアクセス

  • 電車:
    JR三ノ宮駅もしくは阪急電鉄・阪神電鉄・神戸三宮駅から徒歩20分
  • 車:
    駐車場がないので車での来場は避けてください。
    当日は会場周辺で車両禁止がなど交通規制が行われているので、
    公共機関を利用した方がおススメですよ。

公式ホームページ・関連サイト

https://kobehanabi.jp/

花火大会
見どころ・特徴

関西地域では有名な花火大会です。

関東の花火隅田川の花火大会に負けないほどの花火大会なので、一度は見に行きたい花火大会ですね。

お洒落な街なので、花火大会も可愛くしてでかけましょう!靴ずれしない下駄は必見です。

【8月】びわ湖大花火大会(滋賀県大津市)の詳細

5
びわ湖大花火大会(滋賀県大津市)

  • 日時:
    2016年8月8日(月)
    荒天:8月12日(金)に延期
  • 開催時刻:
    19時30分~20時30分
  • 開催場所:
    大津浜大津 滋賀県営大津港沖水面一帯
  • 打ち上げ数:
    約1万発
  • 人数:
    約35万人

会場へのアクセス

  • 電車:
    京阪電鉄・浜大津駅から徒歩5分
    JR大津駅から徒歩15分
    JR膳所駅から徒歩20分
  • 車:
    駐車場がありません。
    車での来場は避けて公共機関を利用してください。

公式ホームページ・関連サイト

http://www.biwako-visitors.jp/hanabi/

花火大会
見どころ・特徴

琵琶湖の夏の風物詩でもある大花火は、全国有数の花火大会になっています。

びわ湖の湖面を彩る大輪の花火や水中で打ち上げるスターマインやフィナーレを飾る花火をじっくりと見上げて満喫してみませんか?

花火大会が終わりに近づいてくると、早々に電車で帰宅する人達が駅に向かって歩き始めます。

クライマックスまで見てのんびりと帰るか、少し早めに会場を後にして音と光を楽しむか、その時の状況で判断してみてください。

【8月】吉野川祭り納涼花火大会(奈良県五條市)の詳細

6
吉野川祭り納涼花火大会(奈良県五條市)

  • 日時:
    2016年8月15日(月)/小雨決行・荒天中止
  • 時間:
    20時~21時
  • 場所:
    奈良県五條市吉野川河川敷大川橋下
  • 打ち上げ数:
    約4000発
  • 人数:
    約8万人

会場へのアクセス

  • 電車:
    JR五條駅から徒歩10分
  • 車:
    南阪奈道路葛城ICから国道24号線経由で25分
  • 駐車場:
    周辺施設の駐車場を利用・無料

公式ホームページ・関連サイト

http://sp.jorudan.co.jp/hanabi/spot_87407.html

花火大会
見どころ・特徴

奈良県では、一番大きい花火大会。

奈良の古い町並みが残る五條市を中心に流れる吉野川が花火の大舞台ですが、花火の掛け声と言ったら…
「かぎやー」「たまやー」ですよね。

その花火の祖でもある初代鍵屋弥兵衛が住んでいたとも言われています。

知っているけれど、実際には声かけできない「た~まや~」ですが、本場のこの花火大会ならむしろツウです♪

おもいきり叫んじゃいましょう!

【8月】宮津燈籠流し花火大会(京都府宮津市)詳細

7
宮津燈籠流し花火大会(京都府宮津市)

  • 日時:
    2016年8月16日
  • 時間:
    19時30分~21時30分/小雨決行・荒天時は中止
  • 場所:
    宮津市島崎公園沖の宮津湾
  • おすすめスポット:
    島崎公園・浜町
  • 打ち上げ数:
    約3000発
  • 人数:
    約5万人

会場へのアクセス

  • 電車:
    北近畿タンゴ鉄道宮津線「宮津駅」から徒歩10分
  • 車:
    京都縦貫自動車道宮津天橋立ICから北約10分
  • 駐車場:
    約2000台

公式ホームページ・関連サイト

http://www.kyo.or.jp/miyazu/hanabi/index.html

花火大会
見どころ・特徴

この花火の歴史は400年以上、つまり江戸時代から。

当時は城下の方々が先祖の霊を送り返すための供養として海に燈籠を浮かべたことが始まりと言われています。

宮津湾の海と空が花火に舞台となり豪華でダイナミックの花火が見ごたえたっぷりです。
また、夜空を彩る幻想的な光景を大いに楽しむ事が出来ますよ。

遠出になっちゃう方は、旅行としてお宿を予約して、美味しい魚料理を食べて花火を見て、のんびりとされるのも良いですね。

旅先で見る花火は素敵ですよ。

事前に混雑を予想して準備しておく

今年度の関西花火大会について、開催予定や日時付いて、まとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

人気の花火大会は人数も多く集まることから、電車のホームで1時間ぐらい待たされることや、駐車場探しに苦労したり、道路の大渋滞に合うことが予測されます。

なので、帰りの切符は最初に買っておくとか、渋滞でも困らないグッズを揃えておくとか、もう宿泊場所を予約してゆっくりとしちゃうとか♪できれば事前に情報を集めておくことが大切。

まだ花火の開催日時には時間があるので、ゆっくり検討してみてくださいね。



シェアする

フォローする