【秋】9月・10月に種まきする花の種類と育て方やコツは?

秋9月10月に種まきする花

秋に植える花や秋蒔きの種で育てやすい植物は?

秋の種まきは期間が非常に短く、そのため種まきが遅れないようにしなければなりません。

植物の種には、それぞれ発芽に適した温度があります。
それを踏まえた上で種まきをしなければ、綺麗な花を咲かせることも大きく育つこともできません。
コツを知ってから挑戦することが大切です♪

初心者でも9月10月頃に種まきをすると、綺麗な花が咲いたり、成長が良かったり順調に育ってくれて、その植物を眺めることでホッと心が癒されたりします。

ここでは、9月の種まきに適した植物と育て方などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

秋まきの種でおすすめの花の種類は?

スポンサーリンク

春に花を咲かせる秋まきに適した花は、種類も多く豊富に揃っています。

9月頃に花の種を買いそろえる前に、春に花が咲いているイメージを描いてみましょう。

背丈はどのくらいまで伸びるのか、花は何色が咲くのか、イメージが膨らみ花が咲く春が大変楽しみになりますね。

9月10月までに撒く1年草は寒さに強いとは言え、冬に凍ってしまうほどの環境では花は枯れてしまいます。

厳寒期には軒先に入れたりして何か対策を考えておく必要

があります。

秋まきに一年草としては、パンジービオラデージーノースポールなどが有名です。

パンジー

パンジーの花スミレ科スミレ属

比較的発芽適温が低いので、10月~11月に蒔くと良い。日当たりの良い場所が好き。
※花径5cm以上をパンジーとすることが多い。

ビオラ

ビオラの花スミレ科スミレ属

パンジーと比較すると開花期がやや短い(咲き出しが遅い)が、強い花なので初心者でも簡単。
※花径4cm以下をビオラ(ヴィオラ)とすることが多い。

パンジーとビオラの違いは?

上記の通り、実は花の大きさだったんですね。コレで花壇や野山で咲く花を見かけた時に、見分けがつきますね。
スッキリ♪

ブルーデイジー

ブルーデイジーキク科フェリキア属

耐寒5℃までなので種まき・苗植えともに庭に植えるなら春植えが適していますが、室内に置くなら9月~10月頃に日当たりの良い場所で育てましょう。窓際の寒さに注意です。

ノースポール

ノースポールキク科フランスギク属

花期が長く楽しめ、初心者にも簡単に育てられる一年草です。寒さに強いのも特徴。
日当たりの良い場所が好き。

ノースポールは他の草花とも合わせやすく、コンテナや寄せ植えの素材として人気があります。

一緒に植えると良い花としては、スイートアリッサムなどが良いでしょう。

スィートアリッサム

スイートアリッサムアブラナ科ニワナズナ属(学名:ロブラリア)

9月~11月頃に種蒔きすると春に可愛い花が咲きます。日当たりが良い風通しの良い場所が大好き。加湿には注意しましょう。

ヤグルマギク

ヤグルマギクキク科ヤグルマギク属

耐寒性一年草。別名はコーンフラワー。夏の終わりから秋に種をまくと、春に花を咲かせます。高温多湿には弱いです。また、霜には強いですが寒風はできるだけ避けてあげましょう。

同じキク科のヤグルマギクも、9月まきに適して、日当たりさえ良ければ放任でも良く育ちます。
花壇の手入れしにくい場所に植えるのに適しています。

花色が白・青・紫・桃色が有り、数種類の花色を混ぜて種を植えると、花期には大変美しい姿を見せてくれて楽しませてくれます。

9月・10月の秋まき種の育て方

スポンサーリンク

秋まきの草花の注意点としては、

寒さや霜の害に合わない様に

しないといけません。

苗から育てるよりも手間が掛かります。

秋まきの1年草の多くは20℃前後が発芽適温なので、

9月から10月中旬までにまかないと発芽しませんので注意

が必要です。

種には、直まきできる種と移植しながら育てる種と2種類があります。

直まきできる種は種子が大きい物で、移植を嫌うものとしては、マメ科やケシ科などがあります。

初めて種から育てると言う方には、直まきをお薦めします。

花壇の直まきは、他の草花の陰になる場所にまくと育ちが良くないので日当たりの良い場所を選ぶようにしましょう。

ポットで育てて、春先に苗が大きくなったら、コンテナや庭先などに植え替える方法も、真冬の霜除けや水やりが大変便利です。

種をまくときの注意点

種をまくときの注意点ですが、出来るだけ密に撒きすぎないようすることがポイントです。

大抵、種が入っている袋には、苗の本数が掛かれていますが、この数字は発芽しないものや育たないものなどロスを見込んでいるので、順調に育った場合、予想より多くの苗が発芽します。

感覚的にまばらに撒くと良いのですが、種が余っても無理に撒かずに、失敗した場合、追加くこともできますしほとんどの種類の種は冷蔵庫に保存しておけば翌年にも問題なく利用することができます。

種を植えた後は、目が出るまで土の表面を乾かさないように水を与えます。

しかし、土や種が流れてしまうような強い水の与え方は厳禁です。

そして、この時期に一番気をつけたいのが、

 なめくじやコオロギなど

です。

駆除剤などを周囲に撒いておくことをお薦めします。

発芽が多すぎて密集してしまった場合は、

 早めに間引き

をしてください。

躊躇していると、他の苗と共倒れになりますので、葉と葉があまり重なり合わないような間隔を保つのがめやすです。

種の購入先ですが、

 なるべく専門の園芸店で購入すること

をお薦めします。

品種のハッキリ明記されているものを買うようにしましょう。

初心者は苗や球根から育ててみましょう

種から発芽をさせて育てるのは、手間も掛かります。

初心者の人は、専門家が育てたを購入して、そこから育ててみるのも良いのではないでしょうか?